指導要綱のチェック

先の項の最後に、少々キツめにいったことは、教習所選びに重要なことです。それはそのお金(最低価格)を払えば、免許が買えるということではないということです。教習所は免許を売っているのではありません。免許という資格を取得するために通う場所であり、直接試験場にいくよりも合格する確率を上げる場所なのです。

教習所を卒業できれば、実地試験が免除され、筆記試験の合格のみで免許を取得することができます。免許を取得する人にとっては、一発試験というプレッシャーを跳ね除けてくれるとてもありがたいものですが、教習所にとってはその匙加減はとても難しいものなのです。卒業を難しくすれば合格率は上がりますし、なにより事故を起こす人は少ないので公安委員からの評価は上がります。ですが厳しすぎると生徒からの評価は下がり、結果として経営が難しくなります。優しすぎても難しすぎてもいけない。教習を受ける人にちゃんとした実力をつけてあげなければいけません。

それを調べるにはサイト内の指導要綱をチェックする必要があります。教習所内から路上にいくときには、仮免許が必要になり、見極めという段階を踏みます。その見極めは必ずしも全員が一発で合格するとは限りません。それに対しどのような指導を行っているのか、その料金は?などを調べておく必要があるのです。

About the Author

運営者

View Posts →