教習所の料金

見極めにかかる費用というのは、料金プランの中に含まれています。ですが落ちた場合、再テストや再授業の料金は含まれていません。少し前の話ですが、初めての自動車免許は年齢だけ料金がかかると例えられていました。18歳ですと18万円。40歳ですと40万円という意味です。なぜここまで差がでるかというと、若い人のほとんどは学生であり筆記に対して柔軟に対応ができるだけでなく、運転(実地)に対しては運動神経だけでなく運転感覚をつかみやすく、それに対し加齢が進めば進むだけその感覚が鈍くなってしまうというものでした。

教習所では先に示したような仮免許のための見極めだけでなく、段階に応じた見極めがいくつかあります。次の段階に上がるためには、見極め(試験)に合格しなければいけないのですが、年齢が若いと一発で合格していき、年齢が進むと一発で合格しにくい。つまり見極めを何回も受けなくてはいけなくなり、その度に見極め料や追加授業料などが加算されていき上記の価格差になるということです。最低価格保証にはこれは含まれていません。ですが教習所によっては追加授業(補習)を行い料金を加算させないように努力したり、加算しないように料金自体を保証するところもありますので、よく探してみることをお勧めします。

About the Author

運営者

View Posts →